おすすめの自動車保険
安心でお得な見積もりを選ぶ比較ポイント
最終更新: 2015-10-04

おすすめの自動車保険 > 自賠責保険の落とし穴【自賠責だけでは不安がたくさん】

自動車保険を選ぶ3つのポイント自動車保険を選ぶ3つのポイント

自賠責保険だけで任意保険無しは絶対にダメ!

バイクや車を買ったときに必ずかける自賠責保険。自賠責さえあれば絶対に大丈夫とは絶対に思わないほうが良いです。なぜなら自賠責は被害者一人につき死亡3000万円、後遺障害は4000万円、治療費は最高で120万円です。実はこれだけは到底まかないきりません。

自賠責はあてにしてはいけない

a0001_009296.jpg自賠責は任意保険の金額を少しでもまかないものと考えるべきです。例えば、死亡の賠償額として3000万円自賠責がから払われますが、はっきり言って足りません。これまでの事例でいうと1億円~2億円、後遺障害をさせてしまった場合は4億円近くも必要になった例があります。
まったく足りませんので、任意保険は必須だと思ったほうが良いでしょう。払えないという状況になるとあなたの人生は狂ってしまうことになるでしょう。もちろん、お金の面だけで大変なことになるということではありませんが、お金も絡んできた場合は本当に大変なことになります。

任意保険は必須です。とくに過去の事例で億は軽く超えることが多いので無制限、対物も物によっては数億かかる例も過去にあるのでこちらも無制限が必須です。

自賠責保険から支払われる補償

自賠責から支払われる補償
支払い限度額(被害者1名あたり)
死亡による損害・争議費用・慰謝料
3000万円
後遺障害による損害
著しい障害、介護が必要な場合
最高4000万円
傷害による損害、治療関係
最高120万円

事例として数億円の賠償となった場合は自賠責保険でまかなえないことが分かるかと思います。

対人補償・対物補償は無制限とするべき

上記の自賠責保険の補償額を見ると分かるとおり、対人・対物を「無制限」とするべきです。

保険料を対人・対物はケチらないように!

自賠責で賄えない補償を任意保険でカバーする

自賠責でまかなえない補償を任意保険でまかなうことになりますがどんな自動車保険を契約すれば良いでしょうか。もちろん、対人・対物は無制限とするべきですが、それを前提として自動車保険・任意保険をかけるのですが、どんな保険が良いのか。前提は無制限なのでそれ以外の部分をお得で安心できる保険会社を選ぶ必要があります。

そこで便利な自動車保険 複数社一括見積りサービスを活用することをおすすめします。自動車保険はロードサービスやインターネット割引など多くの比較ポイントがあります。条件を対人・対物を無制限とした上で割引ポイントをうまく活用して条件を入れて数社から比較してみましょう。簡単で素早く見積もりが手に入ります。

kochira.gif 最大20社の自動車保険一括見積りはこちら(無料)

自動車保険見積りができる企業一覧

↓  簡単!10分で見積りできます  ↓

自動車保険一括見積りスタート


1~2万円は安くなる保険が見つかるかもしれません!
当サイト運営者の私が実際に見積り依頼してみました
→ 保険料の見積り結果と見積りの手順

自動車保険一括見積り
簡単!10分強で完了
最大20社の自動車保険無料見積り

1~2万円も差が出た!?
当サイト管理人が実際に見積依頼してみました。
arrow_orange.gif見積り結果と見積り手順
1332626017_CarGrey.png


「ズバット自動車保険比較」は簡単な申請だけで大手損保会社複数社から見積がメールで届きます。すぐにどこがお得なのかがわかるので便利です。