おすすめの自動車保険
安心でお得な見積もりを選ぶ比較ポイント
最終更新: 2015-10-04

おすすめの自動車保険 > 大手損保の自動車保険はなぜ高いのか?

自動車保険を選ぶ3つのポイント自動車保険を選ぶ3つのポイント

大手損害保険会社はなぜ高いのか?

自動車保険を契約する際によく感じる疑問として「なぜこんなに保険料に差が出ているのか?」と感じたことありませんか?実はコストとリスクの関係で保険会社により差が出ているのです。

一般的に自動車保険って大手の損害保険会社のほうが高いなと感じることはありませんか?ちょっとそのからくりについて調べてみました。

ダイレクト系と大手損害保険会社の料金の違い

a0001_009321.jpg安さを売りにしているダイレクト系、それと大手損害保険会社で大きく料金が異なることがあります。条件によって様々ですがダイレクト系よりも大手損害保険会社のほうが2,3万円高くなることも結構あります。

2,3万だとかなり家計を圧迫するものですし、しかも掛け捨てタイプですので事故をしなければ単純な損失です。保険料を一括で比較してみると分かるかと思いますが保険料は大きく違いますし、大手損害保険会社は基本的に高いと感じることが多いでしょう。

大手損害保険会社の保険料が高い秘密

結論から言うと、大手損保は代理店契約を行っており、代理店を経由して契約を受け付けるスタイルをとっているため、どうしても成果報酬のようなコストが利用者にも影響してきます。

だからといって悪いというわけではなく、サービスの品質であったり、しっかりとした説明も充実しています(ダイレクト型より必ずしも良いというわけではありません)。何をもってその会社に決めるのかということは保険会社の保険料やサービス内容を比較してみた結果、大手損保だったということでしょう。

まずは何も気にせず比較見積りなどを行って複数の会社の保険について調べてみることが大切です。

大手損保の保険料を安くするには?

条件によっては安くなることもありえるので自動車保険の比較見積りを行い、割引サービスをしっかり確認することが大手損保でも安く契約することができます。どうしてもダイレクト・通販型のソニー損保などに比べると少し高いように思われがちですが長期契約を行うことで契約単価を安くすることもできる会社がありますので安くする方法を確認してみてください。

大手損保会社一覧

日本興亜損保、三井住友海上、東京海上日動、セコム、共栄火災、損保ジャパン、セゾン、あいおいニッセイ同和損保


これら、大手損保とダイレクトを含めた便利な自動車保険 複数社一括見積りサービスがあります。20社から比較できるのでこれをやれば他で時間をかけて探す必要はありません。自動車保険はとにかく比較から始まり、その中で目星をつけたところの個々のサービスやロードサービス対応など細かな点を比較するという流れになります。

kochira.gif 最大20社の自動車保険一括見積りはこちら(無料)

自動車保険見積りができる企業一覧

↓  簡単!10分で見積りできます  ↓

自動車保険一括見積りスタート


1~2万円は安くなる保険が見つかるかもしれません!
当サイト運営者の私が実際に見積り依頼してみました
→ 保険料の見積り結果と見積りの手順

自動車保険一括見積り
簡単!10分強で完了
最大20社の自動車保険無料見積り

1~2万円も差が出た!?
当サイト管理人が実際に見積依頼してみました。
arrow_orange.gif見積り結果と見積り手順
1332626017_CarGrey.png


「ズバット自動車保険比較」は簡単な申請だけで大手損保会社複数社から見積がメールで届きます。すぐにどこがお得なのかがわかるので便利です。